若者の写真ブームが訪れてはや数年、年々カメラ機材だけでなく、カメラ機材のアクセサリ関連も充実してる日々です。

今回は今まで使用してきたカメラ機材の手入れ品に関して、オススメのモノを紹介していく記事を書こうと思います。

ビギナーからプロフェッショナルの人にも通ずる1品を揃えてみましたので、よかったら読んでいってもらえると嬉しいです。

それでは記事に続きます。ゆるりとお付き合いくださいm(_ _)m

カメラ機材の手入れ場面は主に3つ

カメラ機材の手入れというと、どんな箇所をイメージしますでしょうか。

ボディ、レンズ、フィルター、センサー、上げてみると色々とあります。

また海沿いで撮影した等、撮影シーンによって手入れの仕方も変わるかと思われます。

今回紹介するのは以下の条件を想定したカメラ機材掃除アクセサリになります。

・普段の手入れ
・海で撮影
・雨の日の撮影

それぞれの説明とクリーニングアクセサリの紹介へ続きます。

普段の手入れ

機材の表面のゴミを落とす

カメラ機材についたホコリやゴミを落とすのにブロアーは必要です。
普段から使用する場面の多いブロアー、ノズルがしっかりしているモノをオススメします。
何故ならばノズルが取れてしまって、センサーに当たってしまうという事故が結構あったりするからです。
なので安いモノではなく、しっかりとした作りのブロアーを購入しましょう。
自分が使っているのはアウトドア用のブロアーです。

レンズや、フィルターのお手入れ

レンズペンはHAKUBAが販売しているフィルター用のモノを愛用しています。
定期的にヘッドの部分を交換する必要が出てきますが、それでもコスパは十分イイです。
主にフィルターやレンズの手入れに使用しますが、基本的にはブロアーでゴミを落とした後に、このレンズペンでぐるぐる汚れを落としていく感じです。
ブロアーでゴミを落とさないと、傷つきの原因になるため要注意。

センサークリーニング

センサークリーニングに関してはメーカーに出すことなく、自前で行っています。
理由としては費用が高いのと、何より出先で汚れた場合、業者頼みになると厳しい部分があるからです。
普段から自分で出来るようにすることで、出先での対応も可能となります。
自前でセンサークリーニングしてから1年くらい経ちますが、今の所困ったことはないかな。
またセンサークリーニングに関しては、以下の記事に詳しく書いてるため参照いただければと思います。

海での撮影

潮風のベトベトなカメラ機材をお手入れ

海で撮影するとどうしても潮風のベトベトがカメラ機材に付着します。
始めはアルコールテイッシュで拭いてたのですが、精密機器にはあまりよくないよなと思い、Kingのクリーニングテイッシュを購入しました。
結果的に大活躍で。何より速乾性なのと、程よい大きさであるため非常に使い勝手はイイです。
主にボディとレンズの本体部分をこのティッシュで拭いてます。
またレンズ保護フィルターや角型フィルターの掃除の際もこれでさっと吹いて、レンズペンでぐるぐる拭き取るパターンです。
そんなこんなで海で撮影した後はすぐこのクリーニングティッシュを利用して手入れをしましょう。
電子機器は塩分が大敵です。早期劣化の原因になります。

雨の日の撮影であると便利

水滴を拭き取るためのモノ

個人的には今回紹介してきたモノの中で一番オススメの品である繊維の細かいテイッシュです。
特に水辺の撮影の際は飛沫や、湿気でフィルターやレンズの表面に水滴がつきます。
毎回タオルやクリーニングクロスで拭き取るのもいいですが、傷や水分を含むことを考えると乾燥ティッシュがあるとだいぶ違います。
常に乾燥したティッシュで拭き取ることが出来るので精神衛生的にもGood
使い捨てのクリーニングクロス代わりになるので、超おすすめです。
普段使いからも良いかもしれません。

まとめ

以上が個人的におすすめなカメラ機材の手入れに必要なアクセサリになります。

あれ?クリーニングクロスは?と思われるかもしれませんが、だんだん僻地での撮影が増えていくたびに、クリーニングテイッシュにお役を取られた形になりました。

また新しく良いものを見つけたら随時更新していきますので、引き続き当ブログで足を運んで頂けると嬉しいです。

それではここまで読んでいただきありがとうございました。

おすすめの記事